NECとグローバルサイン(中條一郎社長)は7月30日、認証局構築で提携すると発表した。NECの認証局ソフトウェア「PKIサーバ/Carassuit(カラススィート)」と、グローバルサインのパブリック認証局サービス「マネージドRAサービス」を連携する。

 2社ではカスタム認証局と呼ぶシステムの構築を支援する。カスタム認証局は、社外の電子メール送受信で、S/MIME署名・暗号化や、マイクロソフトのオフィスで作成した文書などのファイルに付与するデジタル署名のパブリック証明書発行ができる。NECのソフトウェアでは登録局やカスタム認証局などを統一的に管理も行える。

 今回の提携を受け、NECでは「マネージドRAサービス」に対応するソフトウェア「PKIサーバ/Carassuit 外部認証局接続オプション(G)」を9月12日から出荷する。税別の最小構成価格は250万円から。