トランスウエア(松田賢代表取締役)は8月1日、メールアーカイブ「Active! vault」を発売した。

 社内・社外問わず受信した全メールをアーカイブ(保存)。アーカイブのポリシーは、期間や曜日、時間帯、ドメイン、メールアドレスなど詳細に項目を設定できる。既存のMTAやLDAPサーバーへのクエリ要求に対して得られた値で、アーカイブの対象と非対象を選別することも可能。

 アクセスコントロール機能で、全操作ログを参照可能。ゲートウェイ型のスパム対策製品「Active! hunter」のオプション製品として提供するため、業務に必要のないスパムを防ぎ、ディスク容量を有効的に活用できる。

 税別参考価格は、500ユーザーで98万円から。別途メンテナンス費用が必要。期間限定で、9月30日までは通常価格の半額で販売する。