トレンドマイクロ(エバ・チェン社長兼CEO)は8月4日、ウイルス検索エンジンの最新版「VSAPI 8.9」を公開した。同日からウェブサイトでのダウンロード提供を行うほか、「Active Update」機能を使って、「ウイルスバスター コーポレートエディション」など法人向け製品に8月19日から、「ウイルスバスター2008」など個人向け製品には8月20日から配信する。

 「VSAPI」は、「ウイルスバスター」シリーズを中心としたクライアント/サーバ対策製品向けに開発された検索エンジン。従来版は、パターンファイルすべてをカーネルメモリに展開して処理を行っていたが、「VSAPI 8.9」では、不正プログラムの有無の確認に使用する情報だけをカーネルメモリに展開する。不正プログラムの確認時には、パターンファイルから処理に必要な情報のみをカーネルメモリに展開。これにより、平常時の「VSAPI」のカーネルメモリ使用量を最大70%削減することができ、他のアプリケーションが使用できる領域を大きくすることで、軽快な使用感を実現する。

 また、「VSAPI 8.9」を用いたクライアント/サーバ対策製品と、最新のデータベースを参照して不正なウェブサイトへの接続をブロックする「Webレピュテーション」技術などの「In the cloud」ソリューションを合わせて利用することで、クライアント資源をより有効活用することができる。