NTTデータ(山下徹社長)は日本オラクル(遠藤隆雄CEO)と協業し、システム基盤構築ソリューション「PRORIZE」構成製品にオラクルの「Oracle AIA」「同 SOA」「同 GRID」「同 VM」を組み込んだソリューションを開発する。

 「PRORIZE」は、信頼性の高いシステム基盤の組み合わせをあらかじめ設定・検証し、共通化したオープンシステム向けソリューション。高品質な基盤を短期間で構築することができるという。今回、そのシステム基盤として、ニーズの強いオラクル製品をラインアップに加えた。

 新たに開発する「オラクル版PRORIZE」は、DBMSやSOAなど、オラクルのミドルウェアがもつ機能を生かしながら、ニーズに柔軟対応できる構成を目指す。09年3月までには、「PRORIZE」仮想化基盤モデルの第1弾として、「Oracle VM」を採用したモデルを提供予定。また、「Oracle SOA」を採用したモデルも同様のスケジュールで提供する。

 NTTデータでは、今後も「PRORIZE」で提供するモデルのラインアップを拡充する方針。とくに、サーバーコンソリデーション基盤・仮想化基盤の整備を進めることを計画しており、多様な基盤要件に対応できるモデルの整備を進める。