エクセルソフト(渡辺光敏代表取締役)は、ピーケーウェア・ジャパンのデータセキュリティツールの新版「SecureZIP for Windows Desktop v11.2 日本語版」を発売した。価格は5103円から。

 「SecureZIP」は、データ圧縮のZIP標準にデータセキュリティの機能を付加したWindowsデスクトップ向けのツール。データに対する圧縮、アーカイブ、暗号化、認証を「SecureZIP」一つのソリューションで実現する。OSやデバイスに依存しない圧縮規格で、データを保存し移動させる場面において、異なるプラットフォームでも同様の機密性と安全性を確保する。

 新版では、ヘルプファイルを日本語化し、国内ユーザーの使いやすさを向上させた。また、PKSFX(自己解凍ファイル作成)モジュールが日本語GUIとUTF-8に対応したほか、FIPSモードオプションにより、ファイル、EmailメッセージやEmailの添付を暗号/復号する際、または著名を認証する際にFIPS認定アルゴリズムのみを使用可能となった。SHA-2ハッシュアルゴリズム(SHA-256、SHA-384およびSHA-512)をサポートする。