ディアイティ(下村正洋社長)は、米WildPacketsのポータブル型ネットワーク解析装置「OmniPliance Portable(オムニプライアンスポータブル)」を9月1日に発売する。

 「OmniPliance Portable」はイーサーネットから1ギガビット、10ギガビット、802.11無線LANを含むネットワークに対応した。LANアナライザ「OmniPeek Enterprise」を搭載した、ネットワークのトラブルシューティングに最適なポータブル型ネットワーク解析装置。

 同製品をトラブルシューティングが必要なサイトに携行することで、現地でネットワーク解析を実施し、迅速にトラブルを解決することができる。また、ソフトウェアを入れ替えることで、分散したネットワークを常時監視するキャプチャエンジン用アプライアンスとしても利用可能。

 価格は580万円から。同社では、一般企業、官公庁、自治体、教育機関、研究機関を対象に、初年度100台の販売を目標とする。