日本アスペクト・ソフトウェア(日本アスペクト、小枝逸人社長)は、コンタクトセンター向けソリューションの新製品「Aspect Unified IP 6.6(Unified IP)」を12月12日に発売する。

 マイクロソフトのユニファイドコミュニケーション(UC)プラットフォーム「Office Communications Server 2007(OCS 2007)」と初めて連携した製品で、両社共同で販促を手がける。

 「OCS 2007」との相互運用性を備え、インスタントメッセージングとプレゼンス機能を利用したエキスパート転送機能が特徴。コンタクトセンタのオペレータは、専門担当者と効率的に連絡を取ることでき、顧客からの問い合わせに迅速に対応できる。

 日本アスペクトでは今後も、「OCS 2007」との相互運用性をさらに拡張し通話機能も追加する予定。最終的には、コンタクトセンタでの顧客対応を、「電話」「インスタント・メッセージング」「Eメール」「会議システム」などの異なるチャネル間でもシームレスにコミュニケーションが図れるようにする。さらに、マイクロソフトのUC関連ソフト向けのトレーニングプログラムを提供する計画。