東芝ソリューション(梶川茂司社長)は11月6日、国内製造業固有の機能をテンプレート化した「モノづくりソリューションテンプレート」を11月から順次発売すると発表した。

 これまで東芝グループを始めとする様々な製造業のユーザーに導入してきたシステムから、共通機能や導入手順を分析。PLM、ERP、CRM、調達など基幹システムのカスタマイズ部分に着目し、共通化できる機能をテンプレート化するとともに、テンプレート群を含めたソリューションを短期間で導入できるメソドロジー(方法)を開発した。

 また、あらかじめテンプレート機能を組み込んだ業務プロセスとソフトウェア機能をマッピングした「チェックシート」、および実機によって機能を確認できる「プロトタイプモデル」をセットにして提供。これにより、従来に比べて短期間で仕様決定と導入評価を行うことが可能となる。

 同社では、「量産設計PLMソリューション」を11月に販売開始し、今後順次「受注設計PLMソリューション」、「電子入札・見積ソリューション」、「間接材調達ソリューション」、「経営情報モニタリングソリューション」などをリリースする予定。今後3年間で60億円の販売を見込んでいる。