ネットワンシステムズ(吉野孝行社長)は、米ヴイエムウェアが認定するVMware VIPパートナープログラムの最上位レベル「VMware VIP プレミアパートナー」に、10月1日付けで認定されたと発表した。

 ネットワンシステムズでは、VMware認定技術者(VCP)を多数保有し、積極的に仮想化を手掛け、日本国内最大級の仮想化データセンターやシンクライアントシステムなどのVMware製品を活用した構築実績をもつ。また、VMware認定コンサルティングパートナーとして、コンサルティングから構築、保守運用まで一貫した仮想化ソリューションを提供している。これらの事業展開が評価され、今回の「VMware VIP プレミアパートナー」の認定となった。

 「VMware VIP プレミアパートナー」は、仮想化技術や事業で、高い成果を上げているパートナー企業のみが認定されるもので、ネットワンシステムズは国内で初めて認定されたパートナー企業3社の中の1社となった。

 なお、11月17日にも、VMwareパートナー契約初年度に最も高い売り上げを達成したパートナーとして、08年の「Rising Star Award」を受賞した。