鳥取県米子市に本拠を置くシステム開発会社のエッグ(高下士良代表取締役)は、オンライン上からハガキ作成、郵送までを一元的に代行してくれるサービス「ポスコミ」を提供している。

 提供開始から8年ほど経つが、現時点で10万人の登録者数を誇る好調ぶりだ。年賀状、暑中見舞いなどさまざまな挨拶状のテンプレートを取り揃える。作成から郵送までできる仕組みは海外の留学生に好評。「現地からハガキを送ると郵送のコストが高くつく。そこでこのサービスを利用して送ることで、国内の料金で、しかも速く相手に届くことから、使っている留学生も数多い」という。

 一般的な印刷サービスでは、受注枚数が決まっているほか、デザインや文面などの融通がきかない場合もある。一方、同社の「ポスコミ」は、インターネット、携帯電話からアクセスし、1枚から注文可能。宛先ごとにデザインや挿入する写真、文面を変更することができる。また、同社が提供するテンプレート以外にも、ハガキソフトのデザインや、住所録、エクセルで作成したアドレス帳なども活用することができるのが大きな特徴だ。