ファルコンストア・ジャパン(山中義晴・カントリーマネージャー)は、ダイワボウ情報システム(DIS、松本紘和社長)と提携し、ファルコンストアの継続的データ保護ソリューション「FalconStor CDP」を販売開始すると発表した。

 販売開始に当たりDISは、中堅規模のユーザー企業に向けて、「BCP(事業継続計画)特別パッケージ」を提供。現在、中小企業庁が「中小企業BCP策定運用指針」を策定し、それを参考に多くの自治体がマニュアルを公開。中堅規模企業のBCP/BCM(事業継続管理)に対するニーズも高まっている。両社は初期投資を抑え、導入しやすさでSMB(中堅・中小企業)市場を開拓する。

 また、両社はBCP/BCM関連セミナーなど、マーケティング活動も行う計画だ。