キヤノンITソリューションズ(武井尭社長)とNECソフト(国嶋矩彦社長)は12月9日、電子メールフィルタリングソフトの新版「GUARDIANWALL Ver7.2」とWebフィルタリングソフトの新版「WEBGUARDIAN Ver3.3」を12月15日に発売すると発表した。また、これらの統合製品の新版「GUARDIANSUITE Ver4.2」も同時発売する。

 「GUARDIANWALL」の新版では、メール監査統計レポートにおいて、管理者の保留メール監査状況分析と、各管理者の監査進捗状況分析を追加した。この機能によって、管理者の監査業務をより詳細に把握することができる。また、フィルタリングルール条件を強化し、対応圧縮ファイルフォーマットの拡充とファイルタイプ判定機能も追加した。税別価格は、Standardモデルが50ユーザーで96万円、年間保守料が14万4000円。Advancedモデルが50ユーザーで130万円、年間保守料は18万円。

 「WEBGUARDIAN」の新版では、インスタントメッセンジャー(Windows Liveメッセンジャー/Yahoo!メッセンジャーなど)の使用制限と、送信メッセージのキーワード検査にも対応可能となった。また、送信メッセージ内容をセッション単位で集約して閲覧できるようになり、管理者は効率的な監査を実施できる。税別価格は、50ユーザーで85万円、年間保守料12万7500円。

 なお、統合製品である「GUARDIANSUITE Ver4.2」の税別価格は、Standardモデルが162万9000円、Advancedモデルが193万5000円となる。