応研(原田明治代表取締役)は12月16日、SQL Server 2008に対応した「大臣NXシリーズ」の第2弾として8タイトルを12月26日に発売すると発表した。

 ラインアップは、会計ソフト「大蔵大臣NX」、建設業向け会計ソフト「建設大臣NX」、社会福祉法人向け会計ソフト「福祉大臣NX」、医療法人向け会計ソフト「医療大臣NX」、売上・仕入・在庫統合型ソフト「販売大臣NX」、給与計算ソフト「給与大臣NX」、顧客管理ソフト「顧客大臣NX」、大臣シリーズトータルバックアップシステム「大臣バックアップ」。

 「大臣NXシリーズ」は、SQL Server 2008をデータベースに採用することで、各製品ともスケーラビリティとパフォーマンス、処理能力の向上を実現。今回、新ラインアップとしてリリースする「大臣バックアップ」は、大臣NXシリーズと連動するバックアップシステムで、複数の大臣シリーズ・複数のデータを一括してバックアップすることができる。また、ユーザーの環境に合わせて、詳細な日時・スケジュールを設定することも可能。

 なお、同時発売するネットワーク対応の「大臣NX LANPACK」シリーズは、大量のデータ演算処理するようなビジネス環境において、集計の高速化、負荷集中時の安定性といった安心・快適なシステムを構築できる。また、「大臣NX ERP」シリーズは、大臣シリーズの機能性・拡張性をより高め、企業ごとに異なる業務形態にさらにフィットし、情報の統合化を実現する。

 スタンドアロン版の価格は、「大蔵大臣NX」が21万円から、「建設大臣NX」が63万円から、「福祉大臣NX」が42万円から、「医療大臣NX」が52万5000円から、「販売大臣NX」が31万5000円から、「給与大臣NX」が21万円から、「顧客大臣NX」が21万円から。「大臣バックアップ」は1ライセンス10万5000円。