京セラコミュニケーションシステム(KCCS、小林元夫社長)は1月6日、ID管理システム「GreenOffice Directory」を、DRAMのリーディングカンパニーであるエルピーダメモリ(坂本幸雄社長)に納入したと発表した。

 「GreenOffice Directory」は、日本特有の企業風土に即したKCCS自社開発の国産ID管理システム。従業員が業務を行う上で必要となるITシステムのIDを統合管理することで、コンプライアンスの推進、セキュリティの強化、システム運用管理コストの削減をサポートする。

 エルピーダメモリでは、企業に対するコンプライアンスへの要求の高まりを受け、複雑化していたID管理のシステム化が急務と考え、07年12月に「GreenOffice Directory」の導入を決定。約7か月の導入期間を経て、08年7月に「GreenOffice Directory」の本稼動を開始した。

 社内システムを使用する従業員約5000人のID・プロファイルを一元管理。メール、ナレッジ共有システム、Active Directoryをはじめとした主要6システムにおいて、退職者IDの削除、異動にともなう権限変更がタイムリーに行うことが可能になるなど、セキュリティ機能を大幅に強化した。また、情報セキュリティの基盤として「GreenOffice Directory」を活用することで、ID管理業務の効率化も実現した。

 エルピーダメモリでは、今後、統合管理するシステムを拡大することで、さらなるセキュリティの強化と、管理コストの削減を図っていく計画。