ディアイティ(下村正洋社長)は2月5日、マイクロソフトのSystem Center Operations Manager 2007(SCOM)用のクライアント監視ソリューション「Log Audit Tracker for Ops Manager(LAT)」を3月23日に発売すると発表した。

 新製品は、クライアントPCの操作情報を収集する「LAT Assistant」と、SCOMとの連動によりLAT Assistantが収集した情報を基に監査レポートを作成する「LAT Report Manager」で構成される。これによって、SCOM単体では実現できなかった操作履歴、USBデバイス、ドライブの監視などを行えるとともに、クライアント監査に必要な情報をSCOMで収集し、そのレポートを自動作成できる。さらに、ActiveDirectoryとの連携によるグループポリシーを適用することで、システムの集中管理も可能となる。

 イベントごと、あるいはイベント全体の統計情報をグラフィカルなレポートとして自動作成できるため、ステークスホルダーへの監査情報開示や業務改善のための調査分析など、企業責任の根幹を支える基本業務を、システム管理者をはじめとした人的負担を増やすことなく実施できる。

 税別価格は、「LAT Report Manager」が29万8000円、「LAT Assistant」が1800円/初年度クライアントサブスクリプション。