京セラコミュニケーションシステム(KCCS、小林元夫社長)は、「今こそ徹底したコスト削減を!クラウド・コンピューティングのセキュアな運用・管理術」をテーマとするセミナーを、同社セミナールームで開催した。

 セミナーでは、「Google Appsがもたらすクラウドアドバンテージとは」の表題でグーグル エンタープライズセールスエンジニア泉篤彦氏のほか、「SaaS型のID管理で、セキュアなクラウドと本格的なコストの削減を~GreenOffice Directory on Demandのご紹介~」と題して、KCCSの小澤浩一・グリーンオフィス事業部 事業部長が登壇した。

 「GreenOffice Directory on Demand」は、アクセス管理・ID管理システムをSaaSで提供する。社内の既存ITシステムだけでなく、他のSaaSへのアクセス管理・ID管理を可能にして負担を軽減するという。(鍋島蓉子)