日本ラッド(大塚隆一社長)は4月15日、加ウェッジ・ネットワークスが開発したスパム・ウイルス対策アプライアンス「BeSecure」の国内販売を開始したと発表した。

 スパム機能は、クラウドマークの検出エンジンを搭載したことで検知率99%、誤検知率0.00001%を誇るという。約45秒に1回更新するレピュテーションデータべースを活用することで、メール内容や言語に依存せずにスパムメールを正確に識別する。一方、ウイルス対策では、カスペルスキのフルエンジンを搭載し、SMTP(メール)のほか、HTTP(ウェブアクセス)、FTP(ファイル転送)によるウイルス・スパイウェア感染を防止する。

 製品ラインアップは、処理容量や対象ユーザー数別に4モデル用意した。全モデル無制限ユーザーライセンスで、価格は、推奨利用ユーザー500人以下のエントリーモデル「NDP-1005D」が98万円、1万人以下の最上位モデル「同2040NX」が1722万円など。

 日本ラッドでは、「BeSecure」の国内総販売代理店である図研ネットウエイブと協業し拡販。発売後1年間で100システムの販売を目指す。