HDE(小椋一宏社長)は4月23日、同社が蓄積したメールシステム運用に関するさまざまなノウハウを提供する「HDEメールコンサルティングサービス」の第1弾として、「配信環境調査コンサルティングサービス」を4月27日から提供開始すると発表した。参考価格は100万円から。

 「配信環境調査コンサルティングサービス」では、同社のメール配信ノウハウを基に、既存メールシステム環境の問題点を調査し、配信におけるボトルネックなどをレポートする。具体的には、メール配信システムの既存設定の調査を行い、配信パフォーマンス向上に向けたシステム改善を提案する。また、メール配信の立ち会いによるログ解析を行い、実際の配信から問題点を調査。さらに、配信リスト/配信ログを分析し、配信リストのクリーニング、傾向をレポートする。

 HDEではこれまで、同社製品を導入したユーザーを対象に、配信環境調査コンサルティングサービスを提供してきたが、今回、同サービスを独立したメニューとして提供することで、同社製品ユーザー以外でも、メール配信環境改善のRFP作成のみをHDEにアウトソースすることが可能となる。また、要望に応じて、調査結果から得られたボトルネックに対する改善策の実施を別途サービスとして提供する。