キングソフトは5月15日、インターピア(楠岡仁志社長)と共同で、日本複合カフェ協会(JCCA)の加盟店を対象に、統合セキュリティソフト「Kingsoft Internet Security U Service Pack1(キングソフトセキュリティ)」の定額有償版を6月から提供開始すると発表した。5月16日から申込受付を実施している。

 今回提供する定額有償版は、1店舗あたり月額3000円という低価格で、ネットカフェ店舗内に設置されている全パソコンに対して「キングソフトセキュリティ」を導入できるもの。これにより、増大するネットカフェのパソコンに対して台数ごとに料金を支払う煩雑さやコストを軽減し、支払対象の台数を無制限にすることでさらなる導入のしやすさを実現した。

 なお、現在ネットカフェ向けに提供中の「キングソフトセキュリティ」の無償版(広告付)についても引き続き提供していく。