SGホールディングス(栗和田榮一代表取締役会長兼社長)とフューチャーアーキテクト(金丸恭文代表取締役会長)は5月28日、両社の戦略的提携について合意し、双方の取締役会で承認されたと発表した。

 今回の戦略的提携では、従来までの協力関係を踏まえ、新時代の両社のさらなる成長につなげていくため、両社の人材・技術・顧客などを有機的に連携していく。まず、人的提携として、フューチャーグループからSGホールディングスグループのIT子会社への役員・社員の派遣、またはSGホールディングスグループ内におけるIT人材育成に関するフューチャーグループの協力など、人材面での協力・交流を進めていく。

 第一弾として、6月8日付けでフューチャーアーキテクトの安延申社長が、SGホールディングスグループのIT中核会社である佐川コンピューター・システムの代表取締役を兼務し、同グループのIT戦略の立案・展開および佐川コンピューター・システムの事業発展を図っていく。

 また、業務提携として、SGホールディングスグループのIT戦略基盤の構築と新展開に関し、継続的にフューチャーグループが支援していく。SGホールディングスグループ内のIT子会社が、グループ外に事業展開を図ることについて、フューチャーグループが人材面、技術面、営業面で支援を行うほか、SGホールディングスグループおよびフューチャーグループ双方の顧客および双方のサービスを有機的に連携させ、新たなビジネス機会の創出を図る。

 さらに、両社の協力関係を強固かつ永続的なものとするため、互いに両グループの親会社であるSGホールディングスおよびフューチャーアーキテクトの間で資本提携の検討を開始している。

 今後は、今回の戦略的提携をさらに具体化、推進していくため、両グループの中核人材からなる「IT戦略委員会」を設け、継続的に検討を進めていく。また、資本提携に関しては、その規模および評価など所要の手続きを含め、今年8月までの実現を目指して協議していく予定。