シマンテックのSaaS事業部門で、セキュリティサービスを手がけるメッセージラボジャパン(山本誠治社長)は、電子メールの暗号化サービス「ポリシー ベース エンクリプション」の日本語化を完了し、7月1日より提供開始すると発表した。日立情報システムズなど、パートナー経由で提供する。

 今回国内市場に投入する「ポリシーベース エンクリプション」は、ユーザーが設定したポリシーに基づいて、合致したもののみ暗号化を強制するSaaS型サービス。昨今「競合との共同開発など、他社とのビジネス上の協業が多くなるにつれ、個人情報や機密情報の盗聴・改ざんのリスクが増している」(山本社長)ことから、ポリシーベースで電子メールを暗号化することで、こうしたリスクを未然に防ぐ。(鍋島蓉子)