PFU(輪島藤夫社長)は、情報KIOSK端末のラインアップを拡充した。今回販売を開始したのは、同社の情報KIOSK端末「MEDIASTAFF(メディアスタッフ)の卓上設置製品「同 SCモデル」。従来型の卓上設置モデル「同 HR」に比べ横幅を10%縮小。I/Oデバイス制御によって、待機電力の50%削減などを実現した。

 また、機能を強化したアプリケーション開発ミドルウェア「KIOSK SERVICE PLATFORM」をオプション提供する。開発効率の向上に加え、リモートメンテナンス機能、利用状況管理機能を追加した。

 製品は本体にI/Oデバイスを標準搭載し、セットで提供する。I/Oデバイスは磁気カードリーダ+サーマルプリンタ、二次元バーコードリーダ+サーマルプリンタ、FeliCa対応非接触ICカードリーダライタ+サーマルプリンタから選択できる。

 実勢価格は50万円からと設定されている。(鍋島蓉子)