アルプスシステムインテグレーション(ALSI、麻地徳男社長)は、ワークフローの機能を活用した経費精算システム「ECOAS(エコーズ)」を7月7日に発売した。

 「ECOAS」は「ERP Cooperation Approval System」の略で、ERPシステムと連携しワークフローの機能を活用しながら、経費精算の申請・承認・精算処理を電子化できる経費精算システム。起票者がWeb上で経費処理の申請を行い、庶務担当者、所属上長、経理担当者、経理責任者が順次、Web上で確認・承認作業を行うことで、スムーズかつ正確な処理が可能となる。

 また、従来は紙で行われていた事務処理をWeb化(ペーパーレス化)することで、コスト削減および紙の紛失による情報漏洩リスクの低減も図ることができる。主な機能として、交通費精算機能、出張申請機能、出張精算機能、海外出張精算機能、経費申請機能、経費精算機能、外部I/F機能を備えている。

 税別価格は、1CPUライセンスで70万円から。同社では、初年度で3000万円の売り上げを目標にしている。