SIerのアイティフォー(東川清社長)は、主力製品の一つでネット通販システム「ITFOReC(アイティフォレック)」を、SaaSに対応させる。早ければ今年度(2010年3月期)下期中にも商品化する予定だ。これまで顧客に購入してもらったパッケージ型のITFOReCの運用アウトソーシングを請け負うことはあったが、ITFOReCそのものをSaaS化するのは今回が初めて。

 同製品のメインターゲットは、大手のネット通販ビジネスだったが、月額/年額料金のSaaS方式にも対応することで、中堅・中小ユーザーへの販売もより容易になる。東川社長は「売り方も含めて、営業戦術も大幅に見直す」と、ターゲットの拡大による売り上げ増に意欲を示す。また、SaaS特有のマッシュアップなど、他のSaaS商材や既存システムとの連携に力を入れることで相乗効果を高める方針。(安藤章司)