テクノロジーネットワークス(山口舜三社長)は9月7日、ラッキータウンテレビ(水谷有成社長)が開始するデジタルコミュニティチャンネル(自主放送)のデータ放送サービスを通じて、気象情報、ニュース、占いなど、毎日の生活に役立つコンテンツを提供開始すると発表した。

 ラッキータウンテレビは、三重県桑名市、員弁郡東員町をサービスエリアとして、多チャンネル放送サービス、インターネットサービス、IP 電話サービスなどを提供している。今回、データ放送を開始するにあたり、パナソニックシステムソリューションズジャパンのデータ放送配信システムを導入し、さらに表示コンテンツの充実化を図るため、テクノロジーネットワークスの「データ放送コンテンツフィードサービス」を採用した。

 「データ放送コンテンツフィードサービス」は、データ放送向けにコンテンツを提供するサービス。ラッキータウンテレビのデータ放送は、気象情報やレシピなど日替わりで更新される情報が充実しており、大人から子どもまで毎日見たいと思える構成となっている。とくに気象情報については、一般的な天気予報に加え「津波情報」「花粉情報」「紫外線情報」など、よりきめ細かな情報を視聴者に提供していく。