富士通とグロービアインターナショナルインコーポレイテッド(カリフォルニア州、GII)は製造業向け生産管理ERP「glovia G2」を10月21日に全世界で発売した。10年1月に出荷を始める。

 ERPの製造プロセスを米国の「SOX法」や日本の「J-SOX法」などのコンプライアンス基準に対応。国ごとの基準で個々に対応する必要がなくなるため、システムをスムーズに導入できるのを特徴にした。

 また、信頼性や拡張性、保守性を確保し、日本のモノづくりのノウハウを活かした経営管理と生産現場の生産状況を把握ができるようにしたほか、「RIA(リッチ・インターネット・アプリケーション)」機能を搭載。拠点ごとのオペレーションの迅速化や情報のリアルタイムで共有できる。新たなアラート機能も備え、各拠点での生産状況のトラブルなどを「見せる化」することが可能で、経営・管理層の判断・対応の迅速化を支援する。価格は1サーバーの基本システムが250万円。10ユーザーの生産管理ERPが250万円から。