富士通システムソリューションズ(Fsol、杉本隆治社長)は、低価格・短期間でシンクライアント技術を利用したリモートアクセス環境を構築し、端末からの情報漏えいを徹底防止する「WebSERVE/リモートシンクライアント構築サービス」を11月12日から提供開始した。

 「WebSERVE/リモートシンクライアント構築サービス」は、高セキュリティなリモートアクセス環境を安価な費用で提供し、企業のセキュリティと事業継続をサポートするサービス。シンクライアント導入・リモートアクセス環境導入の豊富な実績を集約し、最短1週間という短期間での導入を実現する。また、低価格なシンクライアントソフトを利用することで、シンクライアント製品の導入費用も削減した。シンクライアント技術・リモートアクセス技術に精通したSEが導入から稼働までをすべてサポートする。

 端末から社内システムへのアクセスは、シンクライアント技術を利用しているため、端末には一切データを保存することができない。通信はすべて暗号化しているため、安心・安全な環境下で社外から社内リソースを利用することが可能となっている。

 また、生体認証システムを組み合わせれば、万一の端末の紛失・盗難時にも、正規の利用者以外はシステムにアクセスすることが不可能になる。

 税別価格は、シンクライアント用ソフトウェアが20万円から、環境構築作業費が30万円から。ハードウェア費、工事費、各種回線費、保守費などは含まれない。同社では、今後3年間で50社への販売を目標としている。