富士通グループSE会社のなかで、企業規模とSE数ともに最大規模の富士通システムソリューションズ(Fsol)のトップが今年6月に変わった。社長に就いたのは、富士通関西システムズの社長など、富士通グループの西日本地域のビジネス拡大に尽力してきた杉本隆治氏。グループ再編が進む富士通のなかで、Fsolをどんな役割を果たす企業に変えようと考えているか。いくつものグループSE会社をみてきた氏は、Fsolの力を知り、その担う責任を重くみている。