インターネットイニシアティブ(IIJ、鈴木幸一社長)は、テレビ朝日(早河洋社長)とテレビ朝日メディアプレックス(メディアプレックス、小西裕之社長)、スキルアップジャパン(SUJ、坂野哲平社長)と協力し、フラッシュを使い著作権保護機能を埋め込んだ動画をストリーミング配信する実証実験を開始した。

 実験期間は2009年11月16日ー12月15日で、テレビ朝日の自動車番組「カーグラフィックTV」のプロモーション動画を、テレビ朝日の動画サイト「テレ朝動画」経由で配信する。

 IIJがネットワークインフラ提供してサーバーを運用し、テレビ朝日とメディアプレックスがコンテンツ提供と視聴プレーヤーの開発を担当する。SUJは、著作権保護技術情報の提供ほかファイル暗号化などを手がける。

 実験では、アドビシステムズのフラッシュ技術を使った動画コンテンツ保護ソリューション「Flash Media Rights Management Server(FMRMS)」を活用。「FMRMS」は、フラッシュを使った動画ファイル本体に、電子著作権管理情報を盛り込んだ暗号化を施し、ファイルが不正に取得された場合でも、映像の再生を不可能にする。

 4社では今後拡大が見込まれる動画配信市場でユーザーの利便性やコンテンツホルダーの権利保護を実験で追求。より高度な著作権保護技術の確立にも取り組む。同時に、実験で得た技術成果を参加各社がそれぞれの事業での活用も促進する。

 具体的には、IIJが著作権保護の成果を自社の大規模コンテンツ配信サービスに活かす。テレビ朝日、メディアプレックスは、高度な著作権保護技術を活用した動画配信サービスの提供を目指す。

 SUJでは、アドビの「AIR」と「FMRMS」を利用した著作権保護機能付きデスクトップ動画プレーヤーの技術情報提供や、ファイル暗号化などの運用作業を通じて得たノウハウを、自社の動画配信プラットフォーム「ULIZA」に展開する計画。

実証実験で配信で活用される「テレ朝動画」のトップ画面