インターネットイニシアティブ(IIJ)は、メールセキュリティシステム「IIJセキュアMXサービス」で、情報漏えい機能対策機能「添付ファイル暗号化機能」を追加、基本機能として提供を開始した。

 新サービスでは、「IIJセキュアMXサービス」の利用ユーザーを対象に、送信メールの添付ファイルを自動的に暗号化する機能を提供する。メールに添付ファイルがある場合、添付ファイルを自動的に暗号化し、パスワード付きのzipファイルに変換。ユーザーは、データの暗号化を行う必要がない。

 添付ファイルが暗号化されると、送信元に対し内容確認用メールを別途送信する。内容確認メールには、ファイルの復号化パスワード、メールの宛て先などを記載し、送信者は送信先にパスワード情報を送信する前に、メールの宛て先などに間違いがないかを事前に確認できる。

 また、手動でのパスワード送信以外にも、メールを送信してから一定時間が経過した後に自動的に復号化パスワードを送信先に通知する機能も提供する。添付ファイルの暗号化はすべてのメールに可能で、特定のメールアドレスやドメイン、拡張子を持つファイルだけを暗号化する設定も可能。