日立情報システムズ(日立情報、原巖執行役社長)は12月3日、中小規模企業(SMB)向けクラウドサービスを2010年1月から提供開始すると発表した。

 今回のサービスは、特定の業務に必要なITインフラ一式を低コスト・短期間で提供するクラウド型のサービス。SMBの事業・業務に適した各種アプリケーションを仮想PCにバンドルし、バックアップ、バージョンアップ、セキュリティ対策などのメンテナンスサービスも加えて、業務に集中できる快適なIT環境を提供する。

 また、携帯電話のメールから仮想PC内の情報を更新・参照できるため、PC操作が困難な外出先や作業現場から、現場の情報(撮影した写真など)を携帯電話で登録することも可能。これにより、作業負荷の軽減だけでなく、現場作業者との情報共有、重要事項の伝達漏れ防止など、業務効率の向上も実現できる。さらに、専用サポートデスクも用意し、情報システム部門をもたない企業でも安心して利用可能となっている。

 同社では、今回のサービスをシリーズ化し、様々な業種に特化させたパックを順次発売する計画。その第一弾として、設備業・工事業向けパック「現場見え~る」と、訪問介護業向けパック「訪問見え~る」を、10年1月から提供開始する。また、自社販売に加え、地域のSMB市場に詳しいパートナー(地域のITコーディネータなど)による紹介販売も行う。すでにパートナーの協力を得て、長野地区でトライアル版の提供を開始している。

 今後、パートナーとの連携によりSMBのITニーズを吸い上げ、サービスメニューの拡大に努めるとともに拡販を進め、12年度(13年3月末)までに1万ユーザーの獲得を目指している。