日立情報システムズ(日立情報、原巖社長)は、新たに開発したビジネスサービス販売プラットフォームを通じて、通話録音ASPサービス「RecMate」と文書管理ASPサービス「DocumentMate」のネット販売を11月11日から開始した。

 同社では、ユーザーのきめ細やかなニーズに柔軟・スピーディに対応し、インターネットへの接続環境があれば、短期間・低コストで導入・利用できるSaaS/ASP型サービスの充実を図っている。今回、ユーザーへのさらなる利便性向上を目的に、SaaS/ASP型サービスをWebから申し込めるビジネスサービス販売プラットフォーム「BIZPARK」を開発し、第1弾として「RecMate」と「DocumentMate」のネット販売に着手する。

 これにより、ユーザーはいつでもどこでもサービスの利用申し込みが可能になり、契約手続きの簡略化などによって、サービス利用開始までの時間を短縮できる。また、クレジットカード決済により、支払い手続きも簡単に行える。さらに、マイページにログインすることで、利用サービスの一覧、見積金額、請求金額の確認が可能となる。