財団法人九州先端科学技術研究所(ISIT、芦塚日出美理事長)とベンチャー投資会社のインスパイア(高槻亮輔社長)は、12月23日から始まる総務省の地域ICT利活用モデル構築事業「デジタルサイネージ福岡実験」に参加する。

 実験には、デジタルサイネージ・ネットワークをもつCOMEL(弓掛正史社長)、ICカードサービスを手がけるシナジーメディア(佐藤正一社長)が協力。ISITと3社で、市民サービスの向上、地域コミュニティの活性化などを主眼にしたサイネージシステムの構築から実証実験の効果測定を行う。

 具体的には、福岡市内の駅や地下街に設置されているCOMELのデジタルサイネージ「福岡街メディア」の約500台を使い、市民と来訪者に防災や観光の公共情報を提供し、効果を検証する。福岡都市圏で使われているICカードの利用促進や、デジタルサイネージと連携を狙った非接触型ICカードの実験も実施する。

 約500台のデジタルサイネージのうち、7か所、20台にシナジーメディアのICカードリーダ「HONEYTOUCH」を設置。IC機能付き携帯電話をかざすことで詳細情報が入手できるようにする。ICカードやIC機能付き携帯電話のタッチ履歴を利用して、参加者に景品をプレゼントするキャンペーンを実施する。

 実験の中心になるISITは、九州地域でのシステム情報技術や先端科学技術の振興を目的に活動している。ISITは、実証実験で得た結果を地域・自治体の情報化や市民生活に役立つ技術開発に生かしていく考え。