街中で見かける看板広告。少し工夫を加えれば、行き交う人々の目を釘づけにすることが可能だ。そうしたインパクトを与える媒体として、「デジタルサイネージ」が注目を集めている。ユーザー企業側では、ASPなどネットワークを介したコンテンツ配信のニーズも高まってきた。一方、ITベンダーにとっては、販促活動の観点からIT関連の新しい製品・サービスを提供できる可能性が期待されている。(佐相彰彦●取材/文)