ATEN(エイテン)ジャパンは1月8日、エンタープライズ向けブランド「ALTUSEN(オルトセン)シリーズ」の新製品として、マトリックスKVMスイッチ「KM0932」「KM0532」と、デイジーチェーン接続に使用する専用ポート拡張ユニット「KM0032」の計3機種を2月4日に発売すると発表した。

KM0932

 「KM0932」「KM0532」は、高い画質を提供しながら、本体に接続されたコンソール部分とサーバー間の距離を最大300mまで延長できる32ポートマトリックスKVMスイッチ。「KM0932」は、ATEN初となる最大9コンソールの接続に対応したモデル(KM0532は最大5コンソール)で、コンソールポートは、製品リアパネルに8ポート、フロントパネルに1ポートを搭載している。各コンソールからは、独立して異なるポートにアクセスできるため、複数の管理者で効率的に作業を進めることができる。

 デイジーチェーン接続、カスケード接続のいずれの方法でもKVMポートを増設することが可能。デイジーチェーン接続では、専用ポート拡張ユニット「KM0032」を最大7台まで追加でき、また、カスケード接続は最大3段階まで行うことができるため、将来的な増設にも柔軟に対応できる。

 さらに、ALTUSENシリーズのデジタルKVMスイッチ「KVM Over the NET」シリーズの新製品に搭載済みの、冗長電源/オーディオ/バーチャルメディアといった各機能を、マトリックスKVMスイッチシリーズで初めて搭載。これらの活用によって、操作環境の安定性やシステム管理業務の利便性向上を実現する。

 税別価格は、「KM0932」が84万円、「KM0532」が53万円、「KM0032」が78万円。また、PS/2-USBコンソールモジュールの「KA7230」が12万円、バーチャルメディア対応PS/2-USBコンソールモジュールの「KA7240」が13万円となっている。