BCNは、システムインテグレータ(SIer)やディストリビュータ(卸販売会社)向けに、日立製作所との共催で、中堅・中小企業(SMB)市場開拓セミナーを2010年2月3日に開催する。参加費は無料、定員は100名。事前登録制で、Webサイト上で申し込みを受け付けている。

 セミナーのタイトルは、「SMB市場攻略セミナーVol.2 導入が進まないPC運用管理、今が商機」。PC運用管理ツール市場に焦点を当て、SMBにおけるPC運用管理業務の実態と、そのビジネスポテンシャルを解説。ツールの導入が進まない理由として挙げられる「高価」「複雑そう」というイメージに代わる、新たな商品を紹介する。

 具体的には、SMBの調査に強いノークリサーチの岩上由高シニアアナリストによる基調講演に続き、SMB市場に適したPC運用管理ツールとして、日立製作所の「JP1 Ready Series」を紹介。また、同社の関芳治・ソフトウェア事業部 JP1マーケティング部主任技師が、機能やパートナー制度について解説する。

 最後のセッションでは、日立のパートナーであるアシストの蝦名裕史・システム基盤ソフトウェア事業部技術2部部長が、「JP1 Ready Series」の提案方法やパッケージベンダーとしての取り組みについて詳説する。

 BCNでは、SIerやディストリビュータを対象とした無料セミナーを定期的に開催している。今回のセミナーは、2009年10月にインテルと共催したセミナーに続く、第2弾となる。

2009年10月に開催したセミナーの様子


■SMB市場攻略セミナーVol.2 「導入が進まないPC運用管理、今が商機」
開催概要・お申し込み