シー・エス・イー(CSE、関好行社長)は、ブイキューブ(間下直晃社長)と技術提携し、次世代文教向けビジュアルコミュニケーションシステム「Cast@cademy(キャスト・アカデミー)」を3月3日に発売した。

 「Cast@cademy」は、教育現場で必要なすべてのコミュニケーションをオンライン上で手軽に実現し、さらに運営・管理機能も付いた教育ソリューションシステム。eラーニング、授業やセミナーなどの教育コンテンツの配信・運営・管理や、Faculty Development などの教員活動、就職指導・面談、生徒のメンタル診断などを遠隔で行うなど、距離と時間の壁を超えたビジュアルコミュニケーションを実現する。また、カスタマイズも可能なため、学生管理やLMSなど現在導入しているシステムを生かしたまま、「Cast@cademy」内の必要なコミュニケーションツールを導入、連携することもできる。

 さらに、「Cast@cademy」には、遠隔授業に最適な「セミナー」ルーム、打ち合わせや面談に最適な「ミーティング」ルームがあり、それぞれのコミュニケーション形態に合ったオンライン上の仮想「ルーム」をスケジュールページから簡単に選ぶことができる。このセミナールームでは、最大300拠点を同時に結び、双方向性の高い、大規模Live配信遠隔教育を実現。録画、オンデマンド配信も簡単に行える。