ラネクシー(二瓶孝二社長)は、ITベンダーとの協業を強化するため、パートナー網を広げる。4月から、「ビジネスアライアンスパートナー」と呼ぶ協業先の開拓に動き始めた。

 ラネクシーは、「Acronis」や「Parallels」をはじめとするソフトの販売に強い企業。ソフトを組み合わせた仮想化や、バックアップなどのソリューションビジネスも手掛ける。多様化するユーザーのニーズを満たすたためには、単独ではなく、他社とのアライアンス体制を組み必要があると判断。開発や販売など、さまざまな形で協業できるパートナー企業を募ることにした。

 ラネクシーの製品を再販するITベンダーのほか、保有する製品・技術の組み合わせによるソリューションを共同開発できるパートナーなどの開拓を図る。