ラネクシー(二瓶孝二社長)は4月28日、セキュリティソリューション「BitDefender」の国内総代理店であるサンブリッジソリューションズ(石橋愼一郎社長)と販売代理店契約を締結し、「BitDefender」の日本語版新バージョン「BitDefender 2009」を5月11日に発売すると発表した。

 「BitDefender 2009」は、アンチウイルス機能の「BitDefender Antivirus 2009」、アンチウイルスに加えオンラインの脅威にも対応する「BitDefender Internet Securiy 2009」、PC効率化機能を含めた全機能を搭載した「BitDefender Total Security 2009」で構成される。既知のウイルスを高い精度で検出するだけでなく、高度な「ふるまい検知」のテクノロジーB-HAVEにより、未知のウイルスを高い確率で検出する。また、ウイルスだけでなく、スパムやスパイウェア、フィッシング詐欺、なりすましを防止するとともに、PCのパフォーマンスに与える影響を最小限に抑えることができる。

 さらに、ワンクリックだけで操作できる簡単なユーザーインターフェイスを採用しており、PCの知識が少なく、専任の管理者を置くことができない企業でもすぐに導入することが可能となっている。

 なお、ラネクシーオンラインショップでは、「BitDefender Total Security 2009」ダウンロード版を4月28日から販売開始している。価格は、1ユーザー3PCsの1年間ライセンスで6480円。