サイボウズ(青野慶久社長)と子会社のサイボウズ総合研究所(札辻秀樹社長)は、4月6日、インターネットイニシアティブ(IIJ、鈴木幸一社長)にSaaS型グループウェア「サイボウズ ガルーン SaaS」を導入したと発表した。導入ユーザー数は1700。

 IIJは、2001年から「サイボウズ Office」を導入。しかしその後、社員数の増加とともに製品パフォーマンスが低下し、700人を超えたあたりから出勤時間の前後にアクセスできないエラーが発生した。そこで、スケーラビリティの向上と運用コストの低減を目的に新システムへ乗り換えた。

 導入から2か月後には、合弁会社のアイアイジェイテクノロジー(IIJ-Tech)の統合が決まった。IIJ-Techは、全社グループウェアとしてネオジャパンの「desknet's」を利用していたが、共有基盤によって業務効率化を図ることと、チームワークの向上を目的に「ガルーン SaaS」に切り替えた。

 IIJは、「サイボウズ Office」から「ガルーン SaaS」へデータ移行したノウハウなどを生かし、同社のクラウドサービス「IIJ GIO」上のSaaSサービスとして自社顧客に提案し提供する計画だ。