IT調査会社のIDC Japan(竹内正人代表取締役)は、4月12日、国内クラウドサービス市場予測を発表した。

 これによると、パブリッククラウドの09年市場規模は312億円で、「急速に拡大した」(IDC Japan)。今後も高い成長を見込み、09年ー14年の年間平均成長率(CAGR)は35.6%、14年の市場規模は09年比4.6倍の1432億円と予測した。

 IDC Japanでは、「09年の市場規模はまだ小さいが、本格的な成長期を迎えている」と判断している。「企業のIT戦略は、冗長性や信頼性を重要視した固定的なIT投資から、過剰投資を回避した、迅速な対応力を求める内容に変わりつつある」と指摘し、そのうえで、「クラウドは、企業の新しいIT戦略と合致し、発展が見込める」としている。

 ITベンダー間には、すでに競争が激化しているとも指摘。同社の松本聡・ITサービスリサーチマネージャーは、「クラウドサービス事業者にとって、迅速なサービス提供が重要であった時期は過ぎ去った。ITベンダーは、利用量に応じた従量課金制だけではなく、細分化した豊富な機能を柔軟に選択利用できるサービスモデルを導入し、ユーザー企業にとって過不足のないサービスの提供が重要である」と述べている。

国内クラウドサービス市場セグメント別売上高予測(出典:IDC Japan)