IDC Japan(竹内正人代表取締役)は、3月1日、2009年の国内サーバー市場調査結果をまとめ、公表した。09年の出荷金額は前年比19.2%減の4807億円で、出荷台数は同14.4%減の51万7000台。金額、台数ともに01年以降最大のマイナス幅になった。

 IDC Japanの都築裕之・サーバーリサーチマネージャーは、「09年の国内サーバー市場は、景気後退が大きく影響した。08年後半から始まった景気後退で、サーバーへの投資を控える動きが急速に強まった」と説明している。

 ベンダー別の出荷金額では、富士通が3年連続で首位を堅持。一方、台数ベースではNECがトップを獲った。富士通はメインフレームとx86サーバーが好調で、メインフレームは多数の大型案件を獲得したことが寄与。x86サーバーは、上位6社で唯一出荷金額がプラスだった。

 IDC Japanは、通年結果とともに、09年第4四半期(10ー12月)の実績を発表。金額は、前年同期比12.2%減の1099億円、台数は同4.2%減の14万台。前期まで3期連続の二桁マイナス成長だったが、改善傾向がみられる。都築マネージャーは、「依然として厳しい状況だが、まとまった案件が増えている。徐々にではあるが、ユーザー企業はサーバーへの投資を戻しており、今年後半からは回復基調になる」話している。

国内サーバー市場推移

ベンダー別サーバー市場出荷金額シェア