フォティーンフォティ技術研究所(鵜飼裕司社長)は5月10日、パターンファイルを必要としないウイルス対策製品「FFR yarai」の新バリエーションとして、「FFR yarai 脆弱性攻撃防御機能」を6月9日に発売すると発表した。

 「FFR yarai 脆弱性攻撃防御機能」は、既存のウイルス対策製品が対策できないコード実行型のセキュリティ脆弱性攻撃に対し、パターン情報に依存することなく汎用的な仕組みでシステムを保護する。米国の非営利団体「MITRE」社が管理するCVE(Common Vulnerabilities and Exposures)のレポートで報告されているウイルスなどが悪用しやすいセキュリティ脆弱性のうち、99%をカバーする汎用的な脆弱性攻撃検知ロジックを実装している。

 システム管理者は、OSや個々のソフトウェアの脆弱性を把握する必要なく、ソフトウェアのセットアップを行うだけでシステム全体を保護できるため、メンテナンスの負荷を大幅に軽減することが可能となる。また、大規模ネットワーク環境で運用する場合は、統合管理コンソールを使用して管理コストを低減できる。

 価格は、レベルA(ユーザー数5-99)が3600円、レベルB(ユーザー数100-499)が3000円、500ユーザー以上の場合はオープン価格。すべて、1年間のサブスクリプションライセンス料金となっている。