ネットワールド(森田晶一社長)、シー・エス・イー(CSE、関好行社長)、フォーティネットジャパン(フォーティネット、新免泰幸代表取締役)は5月11日、中小企業向けに低価格でセキュアなリモートアクセス環境の構築支援で協業すると発表した。

 この協業によりネットワールドでは、CSEおよびフォーティネットの協力のもと自社の検証ラボにおいて、SSL-VPN機能を搭載したフォーティネットの高性能UTM製品ファミリー「FortiGate」と、CSEの本人認証製品「SECUREMATRIX」の連携動作検証および負荷検証を完了し、両製品を組み合わせた「SSL-VPN/本人認証連携ソリューション」として共同プロモーションしていく。

 「SSL-VPN/本人認証連携ソリューション」は、中小規模ユーザー向けの統合セキュリティ管理アプライアンス「FortiGate-80C」に、マトリクス認証システム「SECUREMATRIX」を組み合わせることで、利便性を維持しながら安全なリモートアクセス環境の構築を支援する。

 また、50ユーザーから利用できる「SSL-VPN/本人認証連携ソリューションパック」を提供し、中小企業が抱える運用管理コスト面での課題を解決する。「通常パック」の他に、さらに安全性を高めることが可能なアンチウイルス/侵入防御機能などが付いた「セキュリティ強化パック」を用意した。

 「SSL-VPN/本人認証連携ソリューションパック」の価格は、通常パックが52万2900円、SSL-VPN 監視・運用・保守サービスオプション付き通常パックが62万4750円。セキュリティ強化パックが55万9650円、SSL-VPN監視・運用・保守サービスオプション付きが66万6750円。ネットワールド、CSE、フォーティネットの3社は、今後、この連携ソリューションの共同プロモーションを積極的に展開し、初年度200社以上の導入を目指す。