ネットワールド(塩田侯造社長)は8月22日、Windows用インストーラー開発ツールのエントリーモデル「InstallShield 2008 Express Windows 日本語版(InstallShield 2008 Express)」を発売したと発表した。出荷開始は9月3日の予定。

 スクリプトが不要で、チェックリストに従って作業すれば、基本的なインストレーションを短時間で作成できるのが特徴。Windows Vistaに加えて、Windows Server 2008をインストール先のOSとして指定し、機能およびコンポーネントにWindows Server 2008関連の条件をビルドできる。

 また、.Net Framework 3.0、IIS 7.0などの最新テクノロジーをサポート。SaaSに対応したWebアプリケーションのインストール環境も開発できる。さらにWindows Embedded CE 6.xもサポート。モバイルデバイス用のインストーラーも簡単に作成でき、Pocket PCやSmartphone、Palm端末などのWindows CEプラットフォーム全体に対応する。

 価格はオープンで、同社オンラインショップ価格は9万5550円、アップグレード版は4万2525円。サブスクリプションと10インシデントのサポートをセットにした「InstallShield 2008 Express日本語版 メンテナンスパック」は18万7950円、アップグレード版メンテナンスパックは13万8600円。