トレンドマイクロ(エバ・チェン社長兼CEO)は、クラウド型の企業向けURLフィルタリングサービス「Trend Micro InterScan WebManager SCC(ISWM SCC)」の受注を5月25日に開始する。今後1年間で、2億円の売り上げ目標を立てている。

 「ISWM SCC」は、クライアントにサービスのエージェントをインストールし、直接クラウドのデータベースを参照してウェブの閲覧制限を行うサービス。営業職な、どPCを社外へ持ち出すことの多い社員が出張や外出をする際に、社外からのウェブ閲覧を制限することができる。

 社内にサーバーを設置する必要がなく、導入が容易。管理者は、「ISWM SCC」の管理サイトから必要な設定を行った後、対象のユーザーにメールを配信。ユーザーは送付されたURLをクリックするだけで、エージェントをインストールできる。

 社内でウェブフィルタリングソフト「Trend Micro InterScan WebManager(ISWM)」を使用している環境に持ち込んだ場合には、「ISWM SCC」のフィルタリング機能を停止し、「ISWM」に切り替えることができる。

 特定のカテゴリの閲覧だけを許可して書き込みを禁止するなどのきめ細かい設定や、企業全体のルールのほかに部門ごとのルールを追加して2階層のポリシーで規制するなどの柔軟な運用が可能。部門ごとの閲覧履歴をグラフ形式で出力することで、企業内のウェブ利用状況を社員教育やセキュリティ対策に役立てることができる。

 参考価格は、1年間のサポートサービス料金を含め、1アカウントあたり3400 円(税別/100-249アカウントの時)。