セキュアブレイン(成田明彦社長兼CEO)は、NTTPCコミュニケーションズ(井上裕生社長)と販売代理店契約を結んだと発表した。NTTPCは、セキュアブレインの企業向けSaaS型セキュリティソリューション「gred(グレッド)セキュリティサービス」を、「Web改ざん検知サービス」として販売を開始した。

 「Web改ざん検知サービス」は、定期的にウェブサイトの不正改ざんの有無を確認。不正な改ざんを検知すると、管理者にアラートメールを配信し、詳細レポートを提供する。ウェブサイトのコンテンツやリンク先など、複数の要素を解析するので、ガンブラーのようなウェブサイト改ざんも検知できる。

 改ざんされていた場合には、ページを安全なページ(「メンテナンス中」画面 )に自動で切り替えるほか、改ざんページ、改ざん手法について、詳細レポートを提供する。また、「gredセキュリティサービス」で監視している安全なウェブサイトであることを証明する「gred証明書」を発行する。

 NTTPCでは、ホスティングサービス「WebARENA Suite」「WebARENA Suite2」「WebARENA SuiteX」「WebARENA SuitePRO」を利用するユーザーに、オプションとして提供する。

 サービス提供価格(税抜き)は 解析対象ページ100ページまで(1日1回解析/登録URLが5URL/5ドメインまで)の場合、初期費用が2100円、月額費用2100円。また、解析対象ページ300ページまで(1日1回解析/登録URLが5URL/5ドメインまで)の場合、初期費用が2100円、月額費用が5250円。解析対象ページ1000ページまで(1日4回解析/登録URLが10URL/10ドメインまで)の場合、初期費用が2100円、月額費用が1万5750円となっている。