セキュアブレイン(成田明彦社長兼CEO)は、企業向けSaaS型セキュリティサービス「gred セキュリティサービス(gred)」を3月6日に販売する。

 ウェブおよびファイル解析機能で、Webサイトの安全対策とマルウェアの侵入防止に貢献するサービス。具体的に、ウェブ解析機能では守りたいWebサイトを登録するだけで、自動で自社ウェブサイトの改ざん有無を定期的に確認する。マルウェアや悪意のあるスクリプト、オンライン詐欺サイトなどの不正なコンテンツを検知すると、管理者にアラートメールで通知する。また、自社Webサイトの安全を証明するシール「gred 証明書」を提供する。

 一方、ファイル解析機能は、自社ネットワークで見つかった不審なファイルを解析し、詳細なレポートを生成する。不審ファイルをアップロードすると自動で解析してレポート化、解析したファイルがマルウェアだった場合は駆除ツールも提供する。業務提携先の日立情報システムズ(原巖社長)が運用を担当する。

 サービス提供価格は、1日のウェブ解析回数4回で月額3万1500円、8回で月額5万2500円、24回で月額10万5000円。3年後に売上高2億5000万円を見込む。