セキュアブレイン(成田明彦社長兼CEO)は4月14日、企業向けSaaS型セキュリティソリューション「gredセキュリティサービス」が、大塚商会(大塚裕司社長)のホスティングサービス「アルファメール」シリーズのオプションサービスに採用されたと発表した。大塚商会では、「Web改ざん検知」オプションとして4月26日に提供開始する。

 「Web改ざん検知」オプションは、1日1回ウェブサイトの不正改ざんの有無を確認する。不正な改ざんを検知すると、管理者にアラートメールの配信と詳細レポートの提供を行う。ウェブサイトのコンテンツやリンク先など複数の要素を解析することで、「ガンブラー」のように、従来の対策では検知が難しい攻撃によるウェブサイトの改ざんも検知が可能となる。

 「Web改ざん検知」オプションの税別価格は、月額3000円。解析対象ページは、100ページまで(登録URL:5URL、5ドメインまで)となる。