日立ソフトウェアエンジニアリング(日立ソフト、諸島伸治社長)は、6月4日、中国市場へ進出している日本企業向けに、セールスフォース・ドットコム(宇陀栄次社長)のクラウド基盤「salesforce.com」を導入・保守・運用する体制を、中国企業2社と協業して構築した発表した。日本国内と同等レベルのサービス品質を確保した。

 中国は、日本と比較してインターネット環境が不安定なことから、安定的なクラウド環境を構築するのが難しい。日立ソフトはその課題に着眼し、今回のサービス体制構築に至った。

 日本と現地法人の一貫したシステム利用やデータ連携が可能で、多言語対応する情報共有基盤「salesforce.com」を迅速に提供することで、ユーザー企業が現地の状況を即時に把握できるようにする。中国企業2社と提携することで、日本国内と同等レベルのインターネット接続環境と、現地語による保守・問い合わせ対応体制を構築した。

 「salesforce.com」との接続には、中国CNLink Networks(互聯通網絡有限公司)のネットワーク回線を利用し、中国HAND(互聯通網絡有限公司)が中国に展開する拠点網を活用することで、迅速で柔軟なサービス提供体制を確保した。

 すでに大手建設機械メーカーなどに対してサービス提供の準備を開始。2012年度までの3年間で60社へのサービス提供を見込んでいる。